コンテンツ 脱毛サロンの詳細 お勧めのサロン比較 顔の脱毛ができる人気サロン(部位別) 上半身の脱毛ができる人気サロン(部位別) 下半身の脱毛ができる人気サロン(部位別) その他の脱毛ができる人気サロン(部位別) 知っ得!脱毛コラム 脱毛に関する座談会 脱毛サロンの良くある質問 脱毛体験談 サイト情報 お気に入り
  目指せ!つるスベ肌♪

ついに痛くない永久脱毛が登場!

脱毛サロン、といえば「痛いんじゃないの!?」という不安の声を頻繁に耳にします。ひと昔前まで脱毛サロンの脱毛と言えば「痛いし高い」 といった声が多かったのですが、最近はすっかり脱毛業界も様変わりしました。今や高校生や中学生さえも脱毛する時代。だからこそ「痛くない」脱毛が大きく進化しています。

あの有名な「高須センセー」が解説。
痛くない永久脱毛がアメリカに登場!

テレビのコマーシャルでもおなじみの高須クリニックの高須センセー。ヘリコプターに乗る姿も有名ですが(笑)日本の美容外科の権威という立場から、脱毛について語っているコラムを見つけました。

昔の脱毛が痛かった理由とは

高須先生曰く、「昔の脱毛マシンは針をさして、毛根を熱で焼いて切るという方法」だったから非常に強い痛みを感じたそうです。俗に言う「ニードル方式」ですね。確かに母親世代、特に今の50代前後の女性にとっては脱毛というのは「痛いのを必死で我慢して」行うものだったようです。

ついに痛くない永久脱毛が登場。

今のように脱毛が手頃になり、多くの女性が当たり前のように脱毛するようになったのは、「フラッシュ脱毛」が普及したおかげと言えるでしょう。さらに高須先生のインタビューでは、医療用レーザーの脱毛マシンの進化について言及しています。

毛根部分にある、毛を作る細胞を破壊する医療用レーザーは最近でもそれなりの痛みがあった、ところが今は新しいマシンがアメリカで開発されたそうなんです。これは幹細胞にレーザーを当てて永久脱毛をする方法で、ほとんど痛みを感じないという事でした。

ただし、こちらは医療用器具の取扱いです。高須先生のクリニックのように医療機関での施術となります。

もうちょっと気軽に「痛くない」脱毛をしないなら……

医療用レーザーによる、ほぼ永久に近い脱毛をめざすのもひとつの方法ですが、これから夏を迎えるにあたって、もっと気軽に、そして痛みや料金に関する不安のない脱毛方法はないのでしょうか?

フラッシュ脱毛の脱毛サロンがお手軽でオススメ


医療用レーザー脱毛は保険が利かない場合も多いですし、料金が高いのがネックとも言えます。また上記のように本当に痛くない最新型の脱毛マシンを置いている所ばかりとも言えません。

そこでオススメしたいのが、フラッシュ脱毛を行っている脱毛サロンです。

IPL脱毛が「痛くない」と評判!銀座カラーの脱毛

今回特に取り上げるのはIPL脱毛を行っている銀座カラーです。IPL脱毛とは、「インテンス・パルス・ライト」という特殊な光線を使って毛根のメラニンを弱らせて脱毛をします。レーザーよりも弱い力で、痛みが少ない方法です。脱毛個所にジェルを塗ることでより痛みが感じにくくもなります。

照射する範囲が広いから短時間で終わる
あっという間に終われば、痛み自体も感じにくいものです。IPL脱毛は光を照射できる範囲がとても広いのでごく短時間で脱毛の施術が行えます。このため、銀座カラーでは全身脱毛もパーツごとに分けて何度も行う必要がないのだそう。1度の来店で全身全てのパーツを施術できちゃうのです。

それでなくても数ヶ月おきに何度か通うのがちょっと面倒な脱毛サロンですが、全身脱毛ともなると、3パーツぐらいずつしか施術できない為に月に何度も通う所が多いようです。銀座カラーでは、全身脱毛の施術も3ヶ月に1度の来店で行えます。それもこれも「痛みが少なくて、1度に多くの範囲を短時間で脱毛施術ができるから」なんですね。

痛みを感じにくい「脱毛サロン」の特徴

「痛み」は個人差が大きいものです。特に精神的な理由で「痛みを感じやすくなる」ケースも目立ちます。例えば初回はとても緊張するので、少しの刺激も強く感じられるものです。

  • 丁寧な説明で最初に不安感をのぞいてくれる
  • 何でも質問できる雰囲気で安心して脱毛を任せられる
  • スタッフの技術が高い
  • 清潔感があるサロンでスタッフの対応も良い

 

こうした「サロンの雰囲気」自体も実は痛みの感じやすさに影響を及ぼしているのではないでしょうか。脱毛の仕組みやこれからどんな施術をどのようにするのか、といった事をきちんと説明してもらえれば、事前の不安も解消されます。何をやられるんだろう……と不安感を抱えたままだと、それこそちょっとした事でも「いたッ」と感じてしまうものだからです。

スタッフの技術については、大手の脱毛サロンならばまず不安はありません。それぞれ事前に決まった研修を受けるだけでなく、美容や肌に対する知識や講習を定期的に行っているところがほとんどです。個人的なサロンの場合は、事前に施術するエステティシャンの技術について、口コミなり、実際に通っている人の意見を参考にしたほうが安心ですね。中にはアルバイトのようなエステティシャンがいるケースもないわけではありません。できれば、実績のある大手脱毛サロンのほうが痛みについても、安全性についても、安心できるのではないでしょうか。

VIOラインこそ「痛みの少ない」施術方法で脱毛したい!

夏の水着姿でもっとも不安になるのがビキニラインです。ただデリケートな部位なので、最初はなかなか思い切りがつかないかもしれません。先にご紹介した高須先生のコラムでも、もはやワキの脱毛は当たり前、そして今の若い女性の多くがデリケートゾーンの脱毛に大きな関心を抱いているという話題がありました。部位の中でももっとも「痛み」に対する不安が大きいのもVIOゾーンです。痛くない脱毛方法を選んで、プツプツと毛穴の目立つビキニラインをスッキリと、つるスベの肌にしたいですね!

水着姿に間に合わせるためには春が脱毛のラストチャンス!

なんといってもむだ毛が気になるのは夏、それも水着姿になる時でしょう。7月後半からお盆の時期あたりにある程度はむだ毛を処理してある状態にしたいのなら、この春がラストのチャンスですよ。

  • フラッシュ脱毛は2〜3ヶ月おきに数回の施術が必要
  • まずは整えてキレイに見せるなら2回の施術は行いたい

 

本来ならば、目安として6回程度の脱毛の施術を受けたいところですが、今年の夏をターゲットに考えるのなら、遅くても春には通いはじめないといけません。春先から施術を受ける事で、真夏の時期にある程度の効果が期待できます。今年の夏はまだ完璧なツルスベには間に合わないかもしれませんが、春に脱毛をスタートする事で早い人なら2回目程度から効果も出てきます。第一、自己処理が簡単になってくるので、脱毛自体が完了していなくても、肌の露出が増える夏場にとてもラクになるはずです。

 

春先スタートはお得感が強い脱毛サロンのプランがある

脱毛サロンは、むだ毛が気になり出す春先から一気にさまざまなキャンペーンやお得なプランを出してきます。ほとんどキャンペーン合戦状態になるので、どこも最安値のプランが目立ってきます。脱毛サロンも今や価格破壊の時代ですが、それでも何度か繰り返すのが基本プランですから、少しでも安くてお得なコースを選びたいですよね。夏に向けて、とにかく今スグにでも脱毛サロンをチェックして申し込むことがお勧めです。

肌の負担を減らすためにも春スタートの脱毛がオススメ

一番むだ毛が気になるのは夏場なのですが、夏場はたとえ海へ行かなくても強い紫外線を浴びて日に焼ける事が多い季節です。脱毛サロンの脱毛はそもそも特殊な光線を毛根にあててむだ毛の処理をするので肌への負担が少ない方法です。とはいえ、むだ毛を処理するという刺激が肌に多少なりとも負担にはなるでしょう。強い日差しを直後に浴びる真夏にするよりも、まだ穏やかで汗もかきづらい春の脱毛のほうが安心ですね。

>>Vラインの脱毛が100円〜!

 

<<トップページへ戻る